So-net無料ブログ作成

津田ホールについて [音楽業界]

数日前からあちこちで「津田ホールはどうなるの」という声が聞こえるようになりました。
004.JPG
当電子壁新聞は、毎度繰り返しますように「書いてあることはみんな嘘、信じるな」をモットーとする極めて読者側の情報リテラシーの高さを期待するいーかげんな場所でありますので、以下はあくまでも現時点での事態の纏めだと思って下さい。つまり、絶対に書いてあることは「事実」と思うな、ということであります。

さても、ともかく、現時点で「事実関係」と言えることはこの発表のみです。
http://tsudahall.com/THHP/index2.html
URLを貼り付けるのもアホらしいような、まんまコピペで引用すれば
「津田ホール貸出停止のお知らせ
津田ホール及び会議室は2015年4月以降貸出停止となります。」
というだけのもの。他には「利用案内」というページの「お知らせ」のいちばん上にさりげなく同じ事が記されているだけです。

なお、未確認情報ですが、ほんの一瞬だけ津田塾大学側からの津田ホールの扱いを巡る説明がホールのサイトから「詳しくはこちらをご覧ください。」とリンクされたが、直ぐにその記述はなくなった、という情報は入っています。今も本気で探せば、実は、その表記があるサイトの名残は探せます。
(追記:その後、その道のプロの方からの情報というか技術提供で、 http://tsudahall.com/THHP/oshirase.pdf
というURLがかつてあって、そこにPDFファイルで「お知らせ」があったらしいことは判明しました。)

残念ながら小生はこの今は消されてしまったリンク先で津田塾大学がどのような説明をしていたか知らないのですけど、津田ホールを使っていた音楽事務所などがファンに津田ホールが使えなくなることを告知する文章では「津田ホールは、津田塾大学の新築工事に伴い…」という言葉が散見されること、現在伝わってくる関係者からの証言などを考えると、「津田ホールのあった場所を用いて学校施設の建て替えをするので今のホールは取り壊す。ついてはこの2年間は利用停止にする。その先はホールをどうするかまだ判らない」というような内容だったと推察されます。繰り返しますが、これ、推察。

この文面をご覧になった方、どっかにコピーして保管なさってる方、情報提供、お願いしますです。

とにもかくにも、現在はっきりしているのは、「今の津田ホールは来年の4月1日以降はホールとして一般に公開されることはない」、「ホールの5名のスタッフは来年の3月31日を以て解雇」の2点であります。

現時点での事実関係(と思われること)の纏めとして記しました。このことを巡っての感想などは、また、状況が許せば記します。もの凄く前向きに言えば、少なくともひとりの極めて有能な業界スタッフが来年の4月1日からフリーになりますので、捉まえたい方はお早めに御本人にご連絡あれ。「音楽堂」を本気で目指す地方音楽ホールや指定管理者さんであれば、ディレクター、チーフプロデューサー級の仕事が出切る貴重な人材が一名出る、ってことですから。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0