SSブログ

本日《ガリツィン・セット》一挙演奏という壮挙 [弦楽四重奏]

ずっと前から盛り上げねばならなかったのだが、なんせ昨今の静岡でのコロナ第三波でヘタをすると演奏会中止もあり得ると思っていたので躊躇しているうちに、当日になってしまいました。

本日、静岡駅北口ロータリーの向こうのAOIビル、何も知らないと駅前中央郵便局かなんかに見えるビルの中のホールで、このような演奏会が挙行されまする。
https://www3.aoi.shizuoka-city.or.jp/concert/detail.php?public_uid=2645
ほれ、そこじゃ!新幹線のホームからも見えるわい。
IMG_7464.JPG

うううむ、どうも上の公式サイトのページも、世間に流れているチラシも、いまひとつこの演奏会の事の重大さをきっちり世間に伝えてくれていないような気がしてもどかしい限りなんでありますが、この演奏会、ベートーヴェン生誕250年記念年にこの実質鎖国日本列島で行われる無数の記念イベントの中にあっても、先週日曜日の北九州でのヴァイオリン・ソナタ全曲一挙上演と並び、ぶっ飛び企画としては二大巨頭のトンデモイベント。やくぺん先生んちでは「こんなアホなこと実行に移すのは、世界でも河野文昭先生かニコラス・キッチンしかおらんじゃろ」と呆れ驚かれている壮大な無茶企画でありまする。

ええ、ご存じの方はご存じのように、第九交響曲を終えたベートーヴェンは、ペテルスブルクの若い音楽好き貴族で《ラズモフスキー・セット》などを書いていた頃にヴィーンに赴任していてベートーヴェンの周囲のエリート音楽好きサークルに出入りしていたロシアのガリツィン伯爵から頼まれ、弦楽四重奏に着手したわけであります。で、何故か異常なまでに好きな変ホ長調和音どっかん爆発で始まる作品127、途中で病気になって死にかけて治ったのでその感謝を長大な緩徐楽章にして突っ込んだ作品132、そして嬉遊曲みたいな気楽で多彩な楽章がとち狂ったフーガで終わる作品130を、3曲のセットとして立て続けに作曲したわけです。

この3曲が《ガリツィン・セット》と呼ばれるわけで、作曲者本人も《ラズモフスキー・セット》みたいな3曲セットで出版する意図があったのですけど、立派なマネージャーだった弟カールは遙か昔に没しており、その息子の甥のカールは可愛がってマネージャー役をやらせていたがマネージャーとしてはあまり腕が良くはなく、作品はバラバラに出版されることになる。さらにはその数年後に作曲者本人が死んでしまって出版の状況を最後までフォロー出来なかったために、現在の作品番号が作曲順ですらないハチャメチャな状態で定着してしまい、最初のベートーヴェン全集を出した出版社がいろんな出版者が出した順番に番号を振っちゃったために、セットの3曲が第12番、第15番、第13番という作曲順やセットとしての意図とは無縁の名前で世に流布してしまい、今に至ってしまった。

うううむ、ヒンデミットの弦楽四重奏曲みたいに、出版社があるときにえええええいっと番号を付け直してくれれば良かったんだけどねえ。

というわけで、一見したところそうは見えないけど、それぞれが優に40分に迫る、場合によっては超える、2020年の今に至るまででもこれを越えるものはない音楽史上最もウルトラ長大な3曲セットの弦楽四重奏集が存在しているわけです。

これを全部演奏すればいろいろなことが見えてくることは、弦楽四重奏を演奏する者もベートーヴェン研究者も、みんな知ってます。だけど、この全曲を一挙に演奏しようなど、誰も考えない。

理由は簡単で、現在の演奏会として確立している「2時間以内で終わって実質上の演奏時間は90分から長くても100分ちょいくらい」という慣例から考えると、極めて扱いにくいからであります。上演時間が休憩含め3時間くらいのオペラなら特に珍しくはないけど、弦楽四重奏演奏会としては普通はあり得ない。主催者としてもこんな半端に時間がかかる演奏会は嫌だし(平日ソワレだったら6時開演かいな?)、弾く側としてもぶっちゃけ1曲がメインになるだけでも猛烈に負担が大きい超難曲を3つならべるウルトラメガ盛りみたいなもんだから、弦楽四重奏団の中で誰かがやりたいと言っても、他の3人はそうそうに賛同してくれるとは思えない。冗談か、と言われるがオチですわ。聴衆としても、絶対に聴きに行くぞという奴らは数十人は確実にいるでしょうけど、猛烈にヘビーで、無理にやってくれなくても良いよ、という愛好家が殆ど。

以上、本日午後3時から静岡AOIで開催される演奏会が、いかに貴重か、お判りでありましょうかぁ。やくぺん先生が知る限り、この無茶な演奏会、かつてやらかしたのはボロメーオQだけでありまする。前述のように、そりゃニックならやるわなぁ、と苦笑し驚嘆するしかない。ボロメーオ会社の他の三人がなんと言っていたかは、敢えて記しませぬっ。

さあ、まだ席があるか知らないけど、今から関東の方々なら新幹線に飛び乗って充分に間に合います。本日3時、静岡AOIへ急ぐべし!やくぺん先生ったら、昨日京都御所前でエクがベートーヴェンの弦楽五重奏と、オマケに作品137のフーガを弾いてくれたのを聴き1泊、これから東海道を遙々静岡まで向かいますぞぉ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。