SSブログ

日本時間金曜日午後7時半からヴァインベルク・レクチャー [音楽業界]

日本時間の本日金曜日午後7時半から、オランダはユトレヒトからのオンラインでヴァインベルクの大きな評伝を書いている専門家さんがレクチャーをします。
https://www.facebook.com/events/1058383148445962?ref=newsfeed
Facebookにアクセス出来る方は誰でも参加出来るようです。こういう内容。

Mieczyslav Weinberg: the composer that survived both Hitler and Stalin and had a close personal and musical relation with Shostakovich.

This free online lecture will be by David Fanning, professor of music at the University of Manchester and an expert on Soviet music.Now finishing his new biography about Mieczysław Weinberg, he will talk about this particular composer whose quartets are partly premiered by and core repertoire of the Danel Quartet.

是非どうぞ。

これ、間に合うのか?

[追記]

日本時間の7時半から延々と2時間以上、ダヴィッド・ファニング先生がヴァインベルクについての概論と、弦楽四重奏の全体像を語りました。これがヴァインベルクの弦楽四重奏創作の時代分類、無論、異論はあるだろうが、とのこと。
IMG_1962.jpg
面白かったのは、ダネルQのマークとのやりとりで、現時点での決定盤たる全集以降の展開を訊ねたり。マークの作品評価として、「ヴァインベルクの過小評価は、7番以降のショスタコーヴィチと競争して弦楽四重奏を書いていた頃の作品から後ばかりが紹介され、初期の6曲が全く知られていなかったことにあるのでは」と言っていたのが興味深いです。また、現時点ではダネルQのみの全曲録音ですが、今、ロシアの団体とポーランドの団体が全曲の録音プロジェクトを始めているとのこと。

なお、チャットで「日本では去る4月9日にアマチュア団体が第2弦楽四重奏の演奏をしています、アマチュアですよ!」と情報を提供しておきました。こちらのこと。マークは、アマチュアにまで広がっているのは凄い、と申しておりました。

ライヴ・イマジン49 「緑のランプ」
14:00開演(13:30開場)

前田 秀、内田 明美子、亀井 葉子[ヴァイオリン]内田 吉彦[ヴィオラ]西村 淳[チェロ]佐藤 健[クラリネット]吉田 康子[ピアノ]

ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏のためのアレグレット~エレジー~ポルカ
ストラヴィンスキー/兵士の物語
バルトーク/コントラスツ
ヴァインベルク/弦楽四重奏曲第2番

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。