SSブログ

高関健ベートーヴェン作品127を振る! [弦楽四重奏]

敢えて断固として「弦楽四重奏」カテゴリーなのじゃ。

来る日曜日、隣には今やっと話題の東京オリパラ選手村跡地(?)を臨む晴海は第一生命ホールで、こんな演奏会が開催されます。
https://ensemblefranc.jp/

いつもこの会場で演奏会をなさってる、ジュネス卒業生のエリートアマチュア合奏団さんの定期演奏会、コロナで昨年の初夏の演奏会はやれなかったらしいが、この冬はなんとかなさるようです。

この団体、さりげなくなかなか凄い指揮者さんが、普通のオケの定期ではなかなかやれないし、なぜかモダン系をやってくれる常設のプロ小規模弦楽合奏団が存在しないトーキョーとしては貴重な、しっかり骨のある演目をガッツリ聴かせてくれてる。で、今回は、恐らくは生誕250年記念だったのでしょうねぇ、なんとなんと、あの現代日本を代表する最高峰のオタク系指揮者(褒めてます!)高関健指揮で、ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲!それも、選りに選って作品127を披露してくれるというではないのよ、皆の衆!

ベートーヴェンの弦楽四重奏を弦楽合奏でやるという試みは、指揮者さんがすげぇやりたくて楽譜を自分で作っちゃうというマーラーやバーンスタインみたいな例から、隠居した元名弦楽四重奏奏者が指揮者になって自らの芸を若者やオケに伝授するというアレクサンダー・シュナイダーやらシャンドル・ヴェーグみたいな例まで、いろいろあります。録音も、前者の名指揮者の事例を中心にそれなりに積み上がっておりますし、NYPのデジタルライブラリーに行けば、ミトロプーロスが作った巨大弦楽合奏用の譜面が観られる筈。バーンスタインのヴィーンフィルでの録音なども、その楽譜を使ってたという話ですな。

まあ、ともかく曲が強いからどんな演奏でも感動的に聴こえる作品132や、弦楽合奏で指揮者がいる方が整理されて見通しが良くなく傾向にある《大フーガ》なんぞはともかく、やっぱり鬼門は作品127でありまする。実際、所謂著名指揮者で作品127の大オーケストラ版を録音している例って、ないんじゃないかしら。弦楽四重奏奏者あがりではない例としては、たしか、何故かペライアが指揮してるディスクがどっかに会った筈なんだが。

実演でも、10年くらい前かなぁ、寺岡さんが大阪響を振ってこの曲をやったことがあり、わざわざ遙々聴きに行ったことがあったっけ。
http://sym.jp/publics/index/216/
ああ、大震災の直前かぁ。ぶっちゃけ、楽屋で「なかなか大変ですよね、この曲は」という話をした記憶が。

ともかく、弦楽合奏だと下の響きがないフワフワ感がやたらと目立ってしまうこの作品、そんな難しさは百も承知で知性派高関けんちゃんが挑むわけですから、勝算が無いはずがない。この冬のトーキョーで、いちばん面白い演奏会のひとつとなるであろうことは確実じゃ!

なお、コロナ対応で当日券は出ないそうなんで、さあ、チケットぴあに急げ!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

アルデオQのヴィデオ [弦楽四重奏]

どうやら今回の緊急事態宣言という名の「従順なニッポン国民の皆さんてきとーに自粛警察やってね」宣言は、我らが業界では小規模イベントに大きく響いているようで、お陰で夜も出かける場所がなく、しっかりオフィス閉鎖作業に専念出来るのは有り難い。なんと素敵な御上のもとに生まれたことよ。ふううう…

ってなことばかり言っててもしょーがないので、たまには情報ネタ。アルデオQの最新情報ですう。

ある意味で現ヴェールズQの別ルート団体、あの団体の独特さを理解するためにはこちらも押さえておかないとね、とも言えなくもない団体でありまする。なんせアルデオQさんのマネージャーさん、いつもこまめに情報を下さっており、エベーネみたいな「国際的」スーパースターとはちょっと違うフランス拠点の連中がコロナ下でどういう活動をしているかが垣間見えて有り難いことであります。んで、いつもの「コンサートがなくなりました」って案内の中に、こんな告知がありました。フランスのドキュメンタリー映像作家 Thierry Augé に拠る"De quelles vois êtes-vous la beauté ?" なるヴィデオ作品でありまする。
http://www.lahuit.com/en/node/330

アルデオQがベートーヴェンの魅力を語る、という中身らしいし、一応、英語のサブタイトルは付いているようですがぁ…果たして日本の再生マシンで観られるかは知りません。ゴメン。

今時、配信ではなくきちんとパッケージとしてこういう「作品」として映像を出してくるのは、珍しいといえば珍しい感じになってしまいましたな。それにしてもプロモーションの映像で弾いてる作品135の緩徐楽章、今時のフランス最先端の若手が弾きたがる響きはこういうものなんだ、ってのがとても良く判りますね。確かにヴィオラさんがヴェールズ時代にバーゼルで学んでいたことはどういうことだったか、いろいろ納得は出来ますな。逆に言えば、日本拠点の若手団体で21世紀に入ってからの欧州若手の音の趣味を最もストレートに反映しているのがヴェールズ、ってこと。

ま、ご関心の向きは、頑張って取り寄せてみてくださいな。あたしゃ、次に巴里かボルドーに行ったときに…って、いつのことなんじゃろかのぉ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ストラヴィンスキー没後50年なのじゃ [音楽業界]

あっという間に1ヶ月が過ぎてしまい、北京五輪まであと1年と迫った2021年。コロナの騒動未だに続き、残念ながらトーキョーはどう考えても無理なのは、選手村近隣住民に復帰するやくぺん先生の実感なのでありまするが、ま、それはそれ。

2021年は、運動会なんぞよりも余程大事な記念年がふたつもありまする。ひとつは言わずと知れた、ピアソラ生誕100年!なんとこちら、100歳のお誕生日が東日本大震災の当日って、ニッポンではちょっと困ったことになっているわけなのでありまして…うううむ、それはそれで大変だろーなぁ。

んで、もうひとつは業界的にはもっと大きな、恐らくはベートーヴェン250年にも匹敵する、はたまたもっと大きな記念年たり得るネタ。ストラヴィンスキー没後50年でありまする。

本来ならば花祭り前、ってか、イースター休み頃の4月6日の半世紀の命日に向け、そろそろいろいろと盛り上がってくださっていても構わない頃の筈で、世界のあらゆるオーケストラが《火の鳥》やら《春の祭典》やり、《詩篇交響曲》含めた三大交響曲全曲一挙演奏なんてコンサートがあちこちであり、世界中の弦楽四重奏団がアンコールに《3つの小品》を弾き、あちこちのバレエカンパニーが《ペトルーシュカ》とのダブルビルで《アゴン》ばかりかピアノごっそり並べた《結婚》どかどかやり、オペラハウスも《放蕩者の成り行き》の力の入った新演出を出す、小劇場系は最新テクノロジーを駆使した《兵士の物語》のあれやこれやの演出が嫌になるくらい出てくる…なーんてことになっていたのやも知れないけどさ。

現時点でのトーキョーで発表されている命日頃のイベントは、このふたつくらいかな。うううむ、両方とも、やれるんだろーか?それにしても、春までに日本で一度も《春の祭典》が鳴らないなんて、とんでもない事態になってるなぁ。
https://www.nntt.jac.go.jp/opera/iolanta/
https://www.tokyo-harusai.com/program_info/2021_stravinsky/

そんなコロナ禍のお祭りがやれない現実の中で、頑張ってるのが出版社さんです。ストラヴィンスキーの出版事情って、修士どころか博士課程の論文になるくらいめんどーくさい話があるのは皆様ご存じの通り。ロシアからフランス、アメリカ合衆国へと時代に翻弄され流れ流れた個人の歴史がまんま世界史と結びついてるわけで、非常に興味深いもんです。そんな興味深い作曲家を世間に少しでも知っていただこうという意図か、ストラヴィンスキーの楽譜の多くを扱っているBoosey&Hawks社さんが、こんなサイトを立ち上げてくれてます。
https://boosey-news.com/p/2kd7-3dd/stravinsky-connections-podcast?utm_campaign=2866377_Stravinsky%20Podcast%20launch%20London%20b2b&utm_medium=Dotmailer&utm_source=Email%20Marketing&dm_i=2KD7%2C1PFPL%2C7L7AXE%2C5TOE7%2C1

能書きをまんま貼り付けておくと

Boosey & Hawkes presents a series of audio podcasts in honour of the 50th anniversary of the death of Igor Stravinsky, one of the 20th century’s most iconic composers. The five weekly episodes, commencing 29 January, are hosted by Jonathan Cross, a respected authority on Stravinsky, who invites listeners to explore this colossus of modern creativity.

だそうですわ。やってるのは、オックスフォードの音楽学の先生で、2015年にストラヴィンスキーの英語での大きな評伝を書いてる、世界でいちばん影響力がある言語圏でのこの作曲家の第一人者さんですから、まずは没後半世紀のこの作曲家像の定番中の定番をちゃんと出しておきましょう、ということですな。5回のシリーズでそれぞれ10分くらい、滅茶苦茶聞きやすいまともな英語でのナレーションですので、大丈夫。

第1回は、数年前に発見されて大ニュースになり、あっという間に普通のレパートリーに定着しつつある《葬送の歌》から、いかにも没後50年にやりそうな《レクイエム・カンティクルス》やらを聴かせつつ軽く概論をやってくれてます。でも、やっぱり最後はハルサイなんだわなぁ

他にもいろいろな記念のクリップなどがあるでしょうけど、まずはこの辺りから、ということでご紹介。やくぺん先生の当面の日程表の中に、残念ながらストラヴィンスキーは皆無。うううううううむ…

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

ぐぁんばれ千歳空港 [たびの空]

昨日木曜日、朝の5時起きで葛飾オフィスを出て羽田に至り、札幌で葵トリオ取材にならん取材をし(これに関しては、「売文家業」カテゴリーでいろいろ言いたいこともあるのだが、コロナ禍の異常事態が収束するまでは口をつぐんでおきます、いずれ「コロナの頃の笑い話」になったら思う存分記しましょうぞ)、本日は午後4時までに、エクの公開リハーサルの司会という妙なお仕事のために新浦安まで戻らねばならぬ。真冬の北の大地たびの空のドタバタ話で、冷たい心を温めておくんなせーなぁ…って、あったまらんわいっ!

てなわけで、本日は「千歳空港の除雪は偉いぞっ!」というどーでもいい話をするのじゃよ。

緊急事態が発令されていようがいまいが有用至急の用事で札幌に向かい、現地でやれることはやった本日朝、昨日同様に爺は朝の5時に目が覚めてしまう。と、iPhone画面には「千歳は暴風雪となります」とアラートが踊ってら。このたびの空、東京を出る前から「金曜日は豪雪が予想されるので便の変更をしてください」などという訳の分からぬ脅しのようなメールがANAさんから来ていた。んで、昨日午前10時前に千歳に到着するや、ANAの出発カウンターにいるおねーさんに「昨日、こういうメールが来てるんだけど、明日ってそんなにヤバそうなんですか?」と尋ねたら、まだ判らない、現状はなんとも言えず、昼過ぎに次のアナウンスがあるので、もう少しお待ちください、とのこと。

仕方なく空港の飯屋で延々過ごし、昼過ぎに状況を確認に再びカウンターに行くと、「夕方に発表があるので待ってくれ」。うううむ、こりゃラチがあかないぞ。いずれにせよ、ここには書けないいろいろなすったもんだで練習は眺められないどころか、演奏家に会ってコメント採ることすら出来ない状況だと判ってきたので、これなら朝にホテルに押しかけ取材ということもないだろう。じゃ、ともかく、少しでも早い便に変更しておくか……と、当初の予定では午前11時半千歳発だった便を朝9時半発のひとつ前の便に変更(羽田千歳便のほぼ半数が間引かれていて、10時半発は運休中)、葵トリオの三重協奏曲をしっかり聴くべくOnちゃんタワー隣の新設ホールに向かった昨日木曜日なのでありました。

そんなこんな、札幌駅徒歩6分の宿を出るのは今朝の午前7時半くらいの予定だったのだが、iPhone画面眺めて、これはマズいと判断。飛び起きて慌てて荷物を纏め、まだ真っ暗な午前5時半に宿を出て、JR札幌駅まで急ぐ。途中、凍った歩道に足をすくわれないようにしながら、ANA公式画面から再びの便変更を行います。混んでたら嫌だなぁ、と思ったけど、午前7時半の千歳発羽田行きのANA朝一便は、可哀想になっちゃうくらいガラガラで、難なく13Aという席を確保。うううむ、縁起が悪そうな席番号じゃなぁ…なんて思ってはいけんのじゃよ。うん。

午前5時35分くらいに改札前に到着、5時50分の空港快速に乗ろうとするが、まだ改札が開いてません。
IMG_9372.jpg
待つうちに開場し、ホームに走り、定刻通りに小樽方面からやってきた朝一の千歳空港行きに乗車。日本でいちばん東の大都市とはいえ北緯40度越えの北半球の冬とあって、まだ真っ暗な中をガラガラな車内でウトウトしつつ、6時半前に新千歳空港地下駅に到着。なんのかんので午前7時前、ようやく薄ら白んできた曇り空、もう雪雲はそこまで迫っている下に、我がANAさんの長くデッカい777が雪もないスポットに駐機してら
IMG_9378.jpg
あたくしめを乗せてくれようと待っている巨体を目撃し、大いに安心したのであった。

優先搭乗が始まる頃には、ハラハラなにやら空から落ち始め、翼の辺りには凍結防止液をぶちまけるクレーン車が来て作業をしてます。
IMG_9380.jpg
10分も眺めているうちに、スポット周辺はどんどん白くなっていくぞ。

7時10分に無事に搭乗し席に着き、窓から眺めると、一生懸命凍結防止作業をやってら。
IMG_9381.jpg
7時15分くらいには乗客全員が搭乗したのか、ボーディングブリッジが外れ、すちゅわーですのおねーさんが目の前の扉をロックし、おおおお、雪が酷くなる前にさっさと離陸させてしまうのだな。
IMG_9386.jpg
そうこうするうちに、あっという間に窓には雪が付着し、外がまるっきり見えなくなってしまったぞ。

さああいけぇ、さっさと離陸してくれぇ、という客らの無言の祈りを知ってか知らずか、我らがながぁーいトリプルセブン、動く気配はありません。やがて、「現在、除雪作業中で、完了を待って離陸します」との無慈悲なアナウンスが。

ここで客は一斉におねーさんに「電話、まだ使える」と尋ね、電波制限が一時的に解除になるや、人々は一斉に連絡を始めるのであった。ホントに、全員が携帯弄って連絡してたんじゃないかしら。無論、やくぺん先生もしましたよ。

外にはしんしんと雪積もり、あっという間の大雪原。隣のスポットがグラウンド・スタッフが一生懸命雪をかいたりしているので、どうやら羽田を出た朝一番がもうすぐ到着するみたいじゃわ。おお、フライトレーダー24に拠れば、もうANAの短い78くんがアプローチしているでないか。これ、昨日午後の時点でやくぺん先生が搭乗すべく変更した戻り便になる奴ですな。午前8時半過ぎ、雪の壁の向こうに到着しスポットインする78くんが見えたり見えなかったり。
IMG_9392.jpg
さあ、わらわらと地上要員皆さんがこっちにやってくるぞ。さあ、いよいよ大雪貫き、やくぺん号の出発じゃ!

雪の壁の隙間から覗いていると、千歳のオジサンおねーさんたち、一生懸命働いてくださっております。あ、転んだぁ、気をつけてくれよぉ。皆さん含め、人命第一ですからね。そういえば、シカゴはミッドウェイ空港で似たような目に遭い、延々と半日間、空港の雪かきシフトが把握出来るまで外を眺めていたことがあったなぁ。オヘアからラグァーディアに向けて離陸したら直後に雪で閉鎖になったこともあったっけ。その後、数日シカゴ近辺空港閉鎖になり、ムーティが足止めになった、とか言ってたっけ。

もといもとい、400人もが乗れる筈の機内に座る我ら4ダースほどの乗客、もうさっきから妙なまったり感も流れていた機内も
IMG_9405.jpg
いよいよ動くとなるとこの大雪かきわけての離陸にちょっとは緊張も走ります。お願いだ、無理せず、でも頑張って飛ばせてくれよ。だって、外はなんもみえない真っ白な雪嵐なんだからさ。

延々とタキシングしていく間も窓に雪積もり、どこにいるかも判らない。千歳の民間滑走路の最南端まで行き、まずは前を行っていたJALの737が先触れを切って離陸していく。雪吹雪で赤い鶴丸もろくに見えないが、無事に出て行ったようじゃ。

かくて午前9時前、我がながあああいトリプルセブンもつるつるの滑走路をちょっと走ったと思ったら、瞬く間に離陸。下の動画、真っ白な画面が続くだけですから、そのつもりで。
上がれども上がれども雲は切れず、やっと青空が見えたのは津軽海峡も真ん中辺り、千歳のイーグルが札幌を壊滅させたレギオンを追いスパロー命中させ墜落させた古戦場辺りでありましたとさ。

福島上空辺りからは、空っ風吹く北関東の空。百里、成田と下に眺め、横浜ベイブリッジ向こうに冬の霊峰富士が聳え
IMG_9415.jpg
スッカラカンに晴れた新帝都に無事到着、なんのかんのなんのかんので今に至った次第。

結論:偉いぞ、千歳空港!シカゴどころか、トロントにも、はたまたミネアポリスにも負けない、世界一の雪害対策空港じゃっ!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

鎖国強化? [パンデミックな日々]

明日から緊急で札幌の葵トリオ取材になっていたのだが、今、ANAさんから金曜日の帰りがちゃんと飛ぶか判らないぞ、という案内が来ました。エクのリハーサル解説のリハーサルのために午後4時には新浦安におらねばならず、午前の便で戻ってくる予定だったのだが…これはヤバい。とはいえ、今、何が出来るわけでもなく、ともかく明日、札幌に着いてから情勢を眺め、最悪、朝6時の札幌発特急と新幹線乗り継ぎ、という酷いことになるやも知れぬ。うううううむ、殆ど取材などない今日のこの頃、ホントに久しぶりの取材でこんなことになるって、なんなんねん…

その葵トリオさん、明日の札幌の後に東京で収録などがあり、一度ドイツに戻り、また年末には戻ってきて名フィルでカセッラの三重協奏曲があったりして、そんな話を聞く予定だったのだけど、とんでもない情報が流れて参りました。ほれ。
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-01-26/eu-plans-to-shut-door-to-travelers-from-japan-amid-virus-surge?fbclid=IwAR0MlNQG5RqDLWJ31yeE0dSaydLAsHVicSvCsdcJMRNXKELKr4AqnGIlYIo

日本語メディアではまだ話題になっていないような、一種の飛ばし記事のような気もするけど、ともかく、「欧州は日本からの人を入れないことになるやも」って。これ、ホントに始まったら、細々と再開されていたニッポンのクラシック業界、ちょっと大変なことになるかも。なんせ、欧州拠点にしている日本人演奏家さんは移動が出来なくなる、ってことですからね。欧州に残るも、日本にいるならそのまま動かないも、なんにせよ、その場を離れられなくなっちゃうわけで。

札響だって、先週の大植えーちゃんはハノーファーだし、葵トリオはベルリンだし。世界の「国立劇場」の中で何故かほぼ唯一普通に舞台を出している初台なんかも、凄く困るんじゃないかしらね。

まだ決定事項か判らない話ですけど、明日以降、かなり大事になるんじゃないかしらね。

なんだかコロナ禍、ドンドン長期化し、2021年度は昨年以上の混乱になりそうな予感。うううむ…

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

世代交代の演奏会 [現代音楽]

この数年、「実行委員会」を主催者にする形でこのくらいの時期に開催されてきた「高橋悠治作品演奏会」の第3回が、先程、東京文化会館小ホールを会場に無事に行われました。
IMG_9290.JPG
コロナ禍だからって、別にどーってことなくいつものように淡々と、って感じなのは、いかにもこの作曲家さんらしいなぁ。

演目はこんなん。
https://www.t-bunka.jp/stage/8022/

これだけじゃ、全然わからないですよねぇ。ま、この演奏会はある意味、非常にハッキリしたコンセプトを持っているわけで、ぶっちゃけ、「前衛の時代の高橋悠治作品を中心に並べ、作曲家ご本人がご存命のうちに、40代以下のポストモダン以降しか知らない世代の演奏家さんたちに本人を前にゆーじさん作品を演奏する経験を積んでもらおう」というもの。

そもそも高橋悠治作品って、古典派やロマン派の意味での「曲を聴く」というよりも、「高橋ゆーじというオッサンが音をいじくり回すプロセスを追体験する」みたいなところがある。良きにつけ悪しきにつけ、楽譜から出てくる音がそれで良いのか、本人がそこに座ってあの風貌でぼーっとしている姿を視野にいれていないと、なんとも不安なところがある。作品、というより、音を作る行為、って感じ。

ですから、企画、という役職だかが記されてるので実質上のディレクターであろう杉山氏などが中心となり、ゆーじさんと一緒に仕事をしてきた60代以上の長老が若かりしバリバリだった頃を懐かしむのではなく、どかっと下の世代に高橋悠治を演奏するという経験を積ませるイベント。年寄り世代は指揮者さんと、あとは電子再構築をやった有馬さんくらいで、実際に音を出す作業をするのに初演者などはひとりもいない。そのお弟子、って世代ばかり。

なんせ、本日演奏された曲だって、アコーディオンが出てくる曲はうちのお嫁ちゃまが某お茶の水でみきみえさんの担当だったときに今井さんとのデュオとして書かれたもので、うちのファックスでやりとりがされてるのを横目で眺めていた記憶もあるなぁ。そういう世代は、見事なまでに全く参加してない。気持ちが良いくらい。最長老(かな?)の杉山さんだって、指揮者として日本の舞台に姿を見せるようになったのって、今世紀になってからだしさ。

結果、出てきた音楽を新鮮と思うか、あああ古いなぁと思うかは、ま、弾いた方々、聴いた方々次第、ってこと。聴衆は、基本的にはゆーじさんと一緒に歳を取ってきた人達が中心とはいえ、演奏者の世代もそれなりに客席を占めており、「前衛の懐メロ大会」という感じではありませんでした。
IMG_9288.JPG

演奏として個人的にいちばん興味深かったのは、一昨年に高崎のホールが新しくなって、アルディッティQが登場し、その舞台で世界初演する筈だった弦楽四重奏曲でありまする。
https://yakupen.blog.ss-blog.jp/2019-11-19
https://yakupen.blog.ss-blog.jp/2019-11-24
どういう事情でそういうことになったか知らないけど、結果として、アミティQという「若い世代のニューアーツQ」って感じの立ち位置の連中が世界初演することになった。ま、作品は、いかにも高橋悠治らしい、ぐるぐるっとした線をあちこちにポワポワ放り投げたようなもんで、弓を緩めて弾けとか、弦をぐるぐるこするように弾けとか、いかにもな指示がある断片がゴロゴロ並んでいるもの。アーヴィンたちがやったら、恐らくは「この奏法はこんな音が出るんだよ」みたいなアピールを明快にした、もっとメリハリのある「音楽」になっちゃって、このぼんやりフワフワ感が高橋ゆうじ、ってのとはちょっと違った、かもね。それにしても、アミティQはまるでカーターの2番みたいに4人が遠く離れて座り、まるでマイハートQみたいに全員が客席真っ正面向いて座ってたのは、楽譜の指示なのかしら?アルディッティQもああいう風に座る筈だったのかしら。

高橋悠治が「音楽史」の中に納められるのか、それとも、そんなもんあたしゃ関心ありません、ってものなのか、考えさせていただけただけでも、大いに有り難い演奏会でありましたとさ。正直、これだけ規模の大きな電子音とライヴとの絡みなどがあると、オペラシティの地下ではなくて上野小ホールの空間が必要だったと感じられたです。会場が上野になったのは、主催側の意図だったのかしら。

正直、これらの音楽、ディスクで音だけでは聴かないだろうなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

一年ぶりの「外国人」室内楽 [演奏家]

明日、川口リリアホールで、イザベラ・ファウストとアレクサンドル・メルニコフの二重奏が行われます。こちら。
https://www.lilia.or.jp/event/2326
演目も、こんなん。ガチじゃんかぁ。

シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ短調 op.105
ウェーベルン:ヴァイオリンとピアノのための4つの小品 op.7
ブラームス:クラリネット・ソナタ第2番(ヴァイオリン版) 変ホ長調 op.120-2
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ短調 op.121

チケットは22日金曜日午前の段階で後ろ二列とあとちょぼちょぼ、という感じで残っているそうで、当日券も出るかも、とのことです。直前の申込みが多いそうで、今日もそこそこ動くでしょうから、ご関心の向きはお急ぎご連絡を。公共ホールの主催公演で€50越えってのはなかなかだけど、このメンツでこの曲なら仕方ないでありましょうな。ブラームスのクラリネット・ソナタのヴァイオリン版なんて、ライヴで聴くの初めてだぞ。

なんだか当たり前に演奏会の勝手な宣伝をしているようだけど、なんとなんと、やくぺん先生としてみれば、昨年1月の今頃に横浜で開催されていたFlux Q以来、まるまる1年ぶりの「外国人演奏者のみによる室内楽」でんがな。演目も「さあみんな、いよいよベートーヴェン年は終わったぞ」ってガッツリしたもんだしさ。いやぁ、これはもう、どんな貧乏とはいえ、借金しても行かないわけにはいかんでしょに。

イザベラ・ファウスト様、既に関西ではコンチェルトをお弾きになり、これまたコロナ後ニッポン初の「外国人ヴァイオリン独奏者」なんじゃないかしらね(違ったら、教えて下さないな)。

ちなみに月曜日の浜松アクトシティでは、リゲティのホルン・トリオなんてもんも入った演奏会が予定されており、どうしてモルゴーアQの新ヴィーン楽派とぶつけるんだ、と天を仰いでいたのだけど、そっちはホルンさんが日本での二週間隔離というわけにはいかなかったようで、デュオのリサイタルになりました。おおおおお、なんとなんとぉ、クラリネット・ソナタを両方やる、って突拍子もないプログラムじゃないかいっ!
https://www.hcf.or.jp/life/guidance/premium_series/2020/0125/index.html
っても、静岡の公共ホールさんは緊急事態宣言が出ている都道府県の人には切符売ってくれるか、あたしゃ、知りませんけど。

正直、この1年間、「ニッポンを拠点にしている若しくはニッポン国籍」の演奏家による室内楽しか聞くことが出来ず、ガイジン演奏家ってどんな室内楽やるか忘れちゃいそう。なんせ、先週、ホントに久しぶりに若い連中の弦楽四重奏を聴いて、隠居宣言前は年に何十回となく聴いていたこのくらいの連中の演奏のレベル感をすっかり失っている自分を発見し、愕然としましたです。これはヤバいぞ、って。

ライヴをきっちり聴いていないと、ホントに耳のレベルが下がってしまう、というか、おかしくなってしまう。コロナの世界ったら、やくぺん先生に本格的な引退を迫るものなのであろーかっ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

第2次緊急事態は格差を助長している? [パンデミックな日々]

なんだか過激な意見保持者への煽りやらツリやらみたいなタイトルだなぁ…後の為の時事ネタです。

昨年4月8日の第1次花祭り緊急事態発令に続き、去る1月8日には第2次松の内緊急事態発令が成され、我が零細業界も大混乱に陥っているのは皆々様よーくご存じの通り。とはいえ、昨年春から初夏の世間がみんなじっと身を潜め、電車に乗っても車両には自分しかいない、なんて状況とはまるで異なり、善くも悪くも「緊急事態慣れ」としか思えぬ世間の有り様なのも、これまた皆様日々実感なさっておられることでありましょうぞ。

今回の緊急事態、前回に比べると、「地域」や「業種規模」での対応がずいぶんと異なっているように感じます。

やくぺん先生の場合、オフィス退去という特殊事情はあるにしても、ちょっと回復してきていた仕事がまたまるでなくなり、数週間はまた滅茶苦茶暇になるだろうから引っ越し準備に専念できる、って思ってました。

実際のところ、緊急事態発令直後には、予定されていた「閉鎖空間に人が集まるイベント」の主催者さんからは、どうしたものか悩んでるけどともかくやる、という連絡があり、そんなものなのか、と思ってた。東京都や千葉県はそんな感じなんだけど、六郷川の向こう神奈川県はちょっと様子が違うようで、横浜市がバブル期以降に各区に建てた多彩なキャラの駅前アートセンターでは、イベント中止の連絡が相次いでいる。神奈川新町のイッサーリスも、鶴見のエクも、葉山の葵トリオも中止。

どうやら、ニッポンのコロナ発症の地として独自の見解を示している神奈川県では、緊急の度合いが高いと認識されているのか、それとも夏に再開されたコンサートを巡って知事の意向と民間主催者の間での対立も伝えられ、間に入ったホールなどは慎重な動きをするようになっているのか、なんとも判らないのが現状。ともかく、「神奈川は厳しい」というのが第2次松の内緊急事態のひとつの特徴のようでありまする。

それから、たまたまやくぺん先生が巻き込まれた状況としては、静岡県は県の主催イベントに対して極めて対応が厳格で、オーケストラでも緊急事態宣言が成された地域に居住する奏者は出演が許されず、結果としてある楽器の奏者がいなくなってしまい、曲目を変更せねばならない、なんてことが起きてます。似たようなことは去る秋のヴィーンフィル来日でもあったみたいだけど、あっちは人を交代して来日させて演目は変更しなかったっけ。

もうひとつはかなり本質的に深刻な問題。松の内緊急事態発令から2週間弱、そろそろ上がってくる感染者データは緊急事態宣言発令後の人の動きを反映するものになりつつある頃となり、ひとつのハッキリした特徴が見えてきているようです。ぶっちゃけ、「オーケストラやオペラなど仕込みが大きく会場が大きく関与する人の数が多いものは開催、室内楽やリサイタルなど会場が小さく関与する人の数も少ないものは中止若しくは延期」という傾向にあるような。

具体的に言えば、ロマン派オペラやら大管弦楽は本来のフィールドとしていないやくぺん先生は、コロナ貧乏でチケットが買えないこともあり、年明け以来、素オケのコンサートにはひとつも参上しておりません。オペラは天才パスカルくんが結果的にサン=サーンス没後100年記念年を祝ってくれるのを見物させていただきましたけど、オーケストラがガンガン鳴ってるのを聴くのはそれっきり。でも、あくまでもやくぺん先生のケースであり、どうやら周囲の同業者お友達関係者などの皆々様は、今日は都響と読響の連チャンとか、明日はN響で外国人指揮者とか、それなりの演奏会をこなしていらっしゃるようであります。練習でコロナ陽性者が出て東響えーちゃんの演奏会が中止になる、なんて事態も勃発しているようでありますが
http://tokyosymphony.jp/pc/news/news_4455.html
それでも新帝都周辺では連日なんかやってるし、初台も予定通りコロナ仕様演出というわけでもない《トスカ》だかを出しているし。

大規模な公演であればあるほど、上演しなければ被害が大きくなるのは理解出来ます。なんせニッポン国のパーフォーミングアーツに対する助成は、「上演されたものに対する半額助成」とかが基本。どんな形であれ「このイベントは行いました」という事実がないと助成金が入りませんし、助成する団体もお金を出してあげられない(花祭り緊急事態の最中、やってくれないんで私たちとしては助成のしようがない、と助成財団の方が頭抱えてました)。逆に言えば、どんなに客がいなくても、大スターの作曲家ご本人が来なくても、そのイベントを行いさえすれば助成金は入る可能性がある。上演しないと、準備にかかった費用やキャンセル料がまるまる主催者に被さるだけ。だから、大規模イベントは赤字でもやった方が良い。

それに対し、小規模会場の室内楽は上演に対する助成金が出ていないのが殆どだから、「ともかくやってしまえ」とはならない。結果として、現時点では、第2次緊急事態宣言下、オケやオペラはやれるけど室内楽はダメ、って業界内格差が出来つつあるよーな。

なお、イベント中止に対する御上の支援が始まる、という話もこの数日飛び交っております。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210120/k10012823491000.html
これで状況は変化し、オーケストラやオペラも安心して中止が出来、ホントの緊急事態になるのかしら。この額ではオペラはなぁ…

さても、手元に月末までの締め切り原稿がふたつしかないやくぺん先生ったら、次の演奏会は日曜日の高橋悠治演奏会での新作弦楽四重奏初演。翌月曜日のモルゴーアは生き残ったけど、火曜日のエクは中止、水曜日の現代音楽演奏会も中止。オフィス撤収カウントダウンが迫る2月の日程なんて、なにひとつ判ってないぞ。ある方から《タンホイザー》のチケットを買ってたくらい、かな。

ううううむ…神様が演奏会には行くな、と仰ってるとしか思えぬわい。さあ、引っ越し準備じゃ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽